行政書士へ交通事故の示談の相談

交通事故の示談交渉が成立した場合、被害者本人が交渉をする際に必要な、事故に関する調査をしたうえで損害賠償などの計算をしてくれるのが行政書士です。事実証明や権利義務に関する書類作成、それに関する交渉や調査などを職務としていて、交通事故を専門にしている者もいる法律の専門家です。交通事故の示談に関する書類作成といってもその仕事は多岐にわたっているので、交通事故に詳しい行政書士はとても心強い味方になります。交通事故の被害者側と加害者側の合意がない場合は、最終的に訴訟となってくるため弁護士や司法書士に依頼する必要がありますが、比較的に損害額の少ないもので弁護士が引き受けないものや着手金などの弁護士費用がかさむものは、行政書士に相談しやすい傾向にあります。依頼者の代わりに交渉をすることはできませんが、示談の交渉をする際の注意点やアドバイスなど、依頼者のバックアップやサポートをしてくれる法律の専門家という位置づけになります。