一戸建てと塩害について

厚木の海辺の一戸建てと塩害について

厚木と言うと海をイメージする人は多いものです。しかし、実際には厚木は海沿いだけではなく、内部地域もこのような呼び名で呼ばれている場所が多いのが特徴です。

海辺のエリアは海に近い事からも人気が高いエリアです。厚木の海辺のエリアは、海が好きな人にとっては格別のエリアでもあり、人気があります。

しかし、海に近い事で様々な問題も出て来るのです。海辺と言うのは当然ながら潮風が有ります。この潮風が塩害と言う形で住宅を襲うからなのです。

尚、太陽光発電においては塩害に対する対策などが講じられており、海水が住宅に降りかかるような場所は例外でも、厚木のような海辺に置いての太陽光発電は特別問題が無いと言います。

塩害による被害と言うのは主に金属類になります。
自転車などは定期的にメンテナンスを行ってあげないと潮風により錆が多く出ることになります。一戸建てなどの住宅の場合は、住宅に利用されている建材などが塩害に強いものが利用されている事からも、昔と比べると耐久性は高くなっていますし、他の地域の一戸建てと同様のメンテナンスを行えば、長い期間一戸建ての建物を守る事も可能です。

因みに、一戸建てのメンテナンスの中でも外壁塗装や屋根塗装というのは特別重要なメンテナンスでもあるのです。外壁と言うのは、建物を守る役割りを持つ場所でもあり、その外壁を守るのが外壁塗装です。

一戸建て住宅などの建物は、常に太陽の紫外線や熱、雨や風と言った自然の猛威を受ける場所です。これは屋根においても例外ではありません。何故外壁塗装をしなければならないか、10年に一度の割合で塗装をしていかなければならないかと言うのは、建物を守る目的があるからなのです。外壁が傷む事で、雨水が建物内部に侵入してきます。

一般的に、雨水が内部に侵入すれば、それが雨漏りとなり現れると言うイメージを持つ人が多いものですが、雨水が浸入する事で建物内部の建材や金属類を錆びさせてしまいます。

また、水分が多く内部にあれば、カビの原因にも繋がるのです。傷んだ外壁や屋根は塗料を使って塗膜を作り出す事で雨水を弾き飛ばせるようになります。これのより、建物内部への雨水や湿気などの侵入を阻止する事が可能になるのです。

尚、外壁塗装や屋根塗装と言うのは、海辺にある一戸建て住宅だけではなく、全ての場所にある建物に共通していえることで、塗装を行うタイミングの目安として10年と言う期間になっているのです。”