厚木で海が見える一戸建

厚木で海が見える一戸建てを持つためには

厚木と言うと海をイメージする人は多いものです。
厚木に住めば、海が見える一戸建てを持つことも出来ると言うイメージにも繋がります。
家から海が見えるためには、高台に一戸建てが有る必要がありますが、厚木と言うのはとても範囲が広い地域でもあるのです。

厚木と呼ばれる地域は、神奈川県の相模湾沿岸地域であり、必ずしも海に近いわけでは有りません。
そのため、厚木=海が見えると言うのは、あくまでも海岸線に近い地域であり、一戸建ての家から海が見える場所と言うのは、他の地域よりも高台にある事が条件になります。

しかしながら、人気が高いエリアでもあり、夢のマイホームの中でも一戸建ての物件は人気があります。

因みに、一戸建てには分譲住宅、注文住宅などの新築物件、中古住宅という3つの種類が有ります。
中には定期借地権が付いている土地に、住宅を建築するスタイルもあります。
定期借地権は、土地を購入するのではなく、土地代を月々支払う形で利用するもので、50年などの期間の中で土地を利用し、契約期間が訪れた時は、建物を解体して土地を返却すると言う形になります。

一戸建ての価格と言うのは、土地代が多くかかる事からも、定期借地権付きのマイホームを購入する事でコストを抑え、マイホームを手に入れる事も可能になるのです。

分譲住宅は、不動産会社が土地を購入して、その土地に住宅を建築して販売を行うもので、土地と建物がセットになっているものです。
大きい土地を購入して、その土地を分割して販売を行ことで買いやすい価格帯になると言う利点があります。
また、住宅に利用する建材や設備など、まとめて注文をする事でコストを下げ、更に住宅の価格を下げることが出来ると言ったメリットも有ります。

因みに、建築条件付きの土地と言う不動産物件が有ります。
これは土地の販売になるのですが、土地を購入した後に建築する住宅は不動産会社が指定した工務店やハウスメーカーを利用して建築を行うというもので、注文住宅と同じような形でマイホームを手に入れることが出来ます。

また、中古物件の中には古家付きの土地が有りますが、中古の住宅がそのままの状態になっているもので、状態にもよりますがそのまま住む事も可能になる物件です。
一般的な中古一戸建ての物件と比べると、建物の価値が底値になる事からも安く購入出来ると言うメリットがあります。
但し、その住宅を取り壊して新築の家を建築する場合は、解体工事を要します。”