交通事故の弁護士

①交通事故専門の弁護士弁護士の仕事は多義に渡っています。
非常に専門性の高い職業なので、起訴内容によって知識の高い交通事故専門の弁護士はより良い解決方法を提案してくれます。
交通事故の程度も軽度な物か重度なものから種類も様々です。軽度な障害から後遺障害14級といった比較的軽微な事から、死亡や重い機能障害など重度後遺障害も手掛けています。
交通事故の相談ならどんな相談でも受け付けています。後遺障害、等級認定、後遺障害等級認定などに関連することも相談できます。
交通事故を甘く見てはいけません。事故後に大きな病気が潜んでいる可能性もあります。
目に見えない後遺症が潜んでいます。交通事故を起こしてから数ヵ月後に症状が現れるかも知れません。
素人ではできない交通事故の対策も法律に詳しい専門弁護士はより良い解決を目指してくれます。解決で大事な点は事故原因の解析や発生した怪我や症状の医学的な立証をすることです。事故と怪我の因果関係を証明しなければなりません。経験や交通事故の知識があればスムーズに行うことができます。

②交通事故の調停や訴訟での弁護士の役割

交通事故が後を絶ちません。
物損事故だけならともかく、死亡事故も、全国のどこかで毎日必ず起こっているほどです。
交通事故を起こした時は、警察に届けを出すのは当然、加害者側と被害者側とで示談交渉をするのが一般的です。
ただ、中には、相手側が示談交渉に応じてくれない、あるいは、言を左右して交渉が進まない、という事例も少なくありません。
そんな時の対策としては、調停や訴訟が考えられます。
まず、調停というのは、第三者である委員が、加害者と被害者の双方の意見を聞いて妥協案を作り、それに基づいて、当事者同士が合意することで解決を図るという方法です。
合意が成立すれば調停調書が作成され、この調書は裁判の判決と同様の力を持っていて、相手側が決められたことを守らない場合は、強制執行ぬ踏みきることもできます。
訴訟とは裁判のことであり、何回かの口頭弁論を経て、裁判官が判決を下し、紛糾した状態を終わらせるものです・
通常は代理人である弁護士が裁判に出ます。
交通事故の処理は沈着冷静に行いましょう。